2009年02月12日

クウガゴウラムきめぇ

 
 今回も仮面ライダーディケイドの話です。

 「なぜオレは目覚めた、オレは二度と目覚めぬはずだった」
 復活した究極の闇、ン・ガミオ・ゼダはそう言いました。
 伏線とか何も無しでのこの発言なんですが、思い当たる事もあります。
 それは実現しなかった『劇場版クウガ』の事です。
 1話で紅渡が状況の説明をした時、自分が「物語の登場人物である事」を自覚しているような口ぶりでした。
 となると、ガミオの発言は「自分が登場するはずだった劇場版の可能性は無くなったのに」と言っているようにも取れます。

 登場人物が物語である事を自覚してたり、作者が登場人物として物語に出てきたりという構造はよくありますよね。

 そこで気になるのが鳴滝という謎の男です。
 彼は世界がおかしくなる時に現れるオーロラを自在に操れるようにみえます。
 それを使って地獄兄弟を呼び出したり、移動したりしているようです。
 オーロラは阻止されたはずのガミオの復活の時にも現場に現れていました。
 また小野寺ユウスケ(雄介じゃなくカタカナらしいですね)にクウガの変身ベルトを託したのは彼との事でした。
 ‥‥という事は今回のクウガの世界は彼が作ったのではないでしょうか。
 本来のクウガとは全然違うディケイドのクウガは鳴滝が新たに作ったのだと。

 そして鳴滝はディケイドの事を憎んでいるようなのですが‥‥
 decadeという名前は10を表し、平成ライダー10作目という事でこの名が付けられたと聞きました。
 が、タイトルロゴには略称なのか『DCD』と書いてあり、これは別の読み方ができます。
 『データカードダス』‥‥カードに印刷されたバーコードで遊ぶカードゲームです。
 ディケイドのマスクデザインはバーコードです。
 またデータカードダスの仮面ライダーバージョンである『仮面ライダーバトル ガンバライド』のコンパネとディケイドのベルトは同じデザインになっています。
 9つの作品が入り混じるというディケイドと歴代ライダーが総登場で戦うガンバライド、ディケイドはガンバライドの商品展開に合わせた作品なんでしょう。

 さて、ここまで書いてきた事を踏まえると次のような構図にも見えてこないでしょうか。
 鳴滝 → 「こんなのものが作りたい」という制作サイドの化身
 ディケイド → 「こういうものを作りなさい」というスポンサーサイドの化身

 そう捉えると「あなたはすべての仮面ライダーを破壊する者です」という台詞ってすごい意味になりますネ!

 えー、そんな妄想でした。


牧原アリーナ(わくわく7)
 お待たせしました、サンサンガールズの第34話を追加しました。
 毎月3日はサンサンガールズの日!


posted by 金子 at 00:39| Comment(5) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月04日

小野寺雄介

 
 今回は最近の仮面ライダーを知らない人置いてけぼりな内容でお送りします。
 
 「あなたはすべての仮面ライダーを破壊する者です。」
 先週始まった新しい仮面ライダー『ディケイド』は第一話でそう言われました。
 良く解りませんが平成仮面ライダー9作品の世界が融合して最後に消滅してしまうんだとか。
 で、主人公はそれを防ぐために九つの世界を旅する事になります。

 そして今週の第二話、まずは『クウガ』の世界から始まったんですが。
 さっそくクウガは破壊されてしまいました。
 というかブチ壊しにされたと言った方が良いでしょうか。

 冒頭からグロンギが出現したかと思えば、ゲゲルの監視役という特別な存在だったラ・ドルド・グが率先して暴れています。
 そのゲゲルはなんだかよく解らない儀式になり、それにより『究極の闇』が復活するらしいです。
 その『究極の闇』というのはン・ガミオ・ゼダとか言うディケイドオリジナルのグロンギのようです。
 (『クウガ』で紋章だけ出ていた謎のグロンギの事だとしたら、そんな所は拾ってこなくていいのにナー)

 そんなグロンギに対する主人公は、五代雄介と刑事・一条のコンビから小野寺雄介と女刑事・八代のコンビに変わっていました。
 飄々とした感じの五代に対して、小野寺は直情的な性格のようです。

 うーん、世界が融合した事で物語が変質してしまったんですかね。
 それともパラレルワールド(例えば『アギト』に繋がるクウガとか)みたいなものとか。
 いやもうなんでしょう、スパロボだってここまで改変しないぜみたいな。
 当時のキャストを揃えるとかは色々無理があるでしょうけど、なぜ設定まで大幅に変えてしまったのか。
 「似て非なるものならいっそ」という事なのでしょうか。
 でも、それでは9つの世界が云々‥‥とか言う意味が無いような気もします。

 更にクウガの物語においては闖入者である『ディケイド』の主人公が、勝手に謎を暴いてお話をブチ壊していきます。
 この主人公‥‥その万能ぶりには根拠がなく、自信満々で上から目線のいわゆる厨キャラです。
 まあ、すでに別物のクウガをブチ壊してるだけなので見ていても抵抗感とかは無かったんですが。(あ、これが狙い?)


 ‥‥とたらたら書いて来ましたが、実は二話ラストに登場した『地獄兄弟』の相変わらずのやさぐれっぷりに全部どうでも良くなったんですけどね☆





 えーさて、毎月三日のアレでございますが、今週末の更新を予定しております。
 毎度毎度すみません。
らびたん(くまたんち)
 「ダメなひとですわね〜」
posted by 金子 at 02:15| Comment(3) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。