2013年07月07日

MSXの思い出

 
 今年で『MSX』が30周年との事なので思い出とか書き出してみようと思います。


 とりあえず、一番の思い出は『RPGコンストラクションツールDante』で作った作品『FANTASY STORY オーハ』がMSXマガジン(1991年8月号)に載った事です。

MSXマガジン1991年8月号
 入選はできなかったのですが1/2ページものスペースを使って掲載された事がすごく嬉しかったです。
 そりゃもう嬉しかったのです。
 どれくらい嬉しかったと言いますと〜

 その日、友人の一人がパソコンを買いたいからアドバイスしてくれというので数人で秋葉原に行きました。
 そしてとあるショップに入りました。
 JR秋葉原駅から出て何件目だったか、今は亡きラジオ会館の中にあったショップに入ったと記憶しています。
 そこに出たばかりのMマガ(もしかしたらフライング販売だったかもしれません)が並んでいました。
 そういえばアレの発表だったと早速手に取りページを捲り‥‥自作が載っているのを目の当たりしたのです。

 「‥‥こ、ここ、コレ見てコレコレ!」

 友人たちに対し内容の説明もせず誌面の自分の名前を指差すばかりで要領を得ない自分でしたが、彼らはなんとなく事態を察してくれたようです。
 「おお〜‥‥おめでとう〜!」
 彼らはなんとなく祝福してくれました。

 それまでも何度か作品投稿(雑誌への4コマ投稿からプログラム投稿まで)をした事はありましたが、取り上げられたのは生まれて初めて。
 それが自分の名前だけとかでなく結構大きく作品が紹介された事に、ボクは完全に舞い上がってしまいました。
 そんなわけで次の店に行っても心ココにあらず状態。
  金子「ゴメン、今日はもう無理だわ」
  友人「そうだね」
 秋葉原滞在時間数十分でその日は解散となったのでした。

 その後もしばらくは知り合いに記事を見せびらかしまくり、持ち歩く用とは別に雑誌ももう1冊買いました。
 当時の自分を思い出すとかなり恥ずかしいです。


 (以降、用語の説明とかせずに思い出をツラツラと書きます)

続きを読む


posted by 金子 at 00:02| Comment(5) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。