2014年02月19日

首都脱出

 
 や、金子の住んでいる足立区は東京の端っこで首都と言うには少々アレなんですが。
 そんな地元も14日から降り出した雪が翌朝には30cmくらいは積もっておりました。

 しかしその日からの土日は茨城県の大洗へ旅行の予定になっており宿も予約済み。
 調べた所、該当地域に雪は降っておらず電車も動いているとかでGOサインが出ました。
 家人はこの情報に半信半疑で、やめとけと言われましたが☆

 15日、早朝は路面凍結が怖いと言う事で予定を一時間遅らせて出発。
 踏み込む積雪下の水の層で靴は浸水&マンション通りに発生するビル風で傘の骨は曲がり、早々にかなり消耗しましたがなんとか最寄駅へ到着。
 電車はダイヤが乱れており一時間にプラス20分遅れて友人たちと合流しました。

 そこから特急「フレッシュひたち」に乗るために柏駅へ移動。
 しかし朝は動いていた常磐線も、その時点では止まっていました。
 ただ理由は雪ではなく暴風雨との事。
 今回の旅は宿であんこう鍋を食べる事が主目的だったので、とにかくたどり着ければ良し‥‥じゃあじっくり待つべえと構内の店へ。
 そこで遅い朝食を食べ終えた頃に、電車再開のお知らせが。

 ほどなく到着した特急に乗り込みましたが各駅で停車の上、数駅進んで止まってしまいました。
 水戸駅の手前で線路が冠水しており、前に電車が詰まっているとの事。
 ここでかなり待たされる事になったのですが、とにかく今日中につけばイイという精神的余裕とフレッシュひたちの座席が快適だったので特に苦ではありませんでした。
 (更に二時間以上遅れたので特急料金が払い戻しとなったので、かえって申し訳ない気分。)

 ネットで流れてくる雪の状況と、曇ってる以外平穏な現在地のギャップにOh‥‥とかなっていると線路の排水完了のアナウンスが。
 とりあえず隣ホームの鈍行列車から先に動きだしましたが、下手に乗り換えるとこの特急に追い抜かれそうだよね〜とダラダラと待ち続ける我々。
 そうしてようやく動きだした特急は、案の定スイスイと進んで行ったのでした。
 道中、空は晴れ間さえ出てくる始末でオイオイと思ったりもしたものの、さすがに水戸に近づくと太陽は隠れてしまいました。
 それでも暴風雨は微塵も感じることなく、雨が少し降っている程度で風も全然吹いていませんでした。

 水戸駅で鹿島臨海鉄道に乗り換え、大洗駅へ着いたのは夕方の四時頃。
 温泉施設で一風呂浴びてから、宿に入るとちょうど夕飯という時間でした。
 勝った。(何かに)

丸山紗希(ガールズ&パンツァー)

 ところで大洗はアニメ『ガールズ&パンツァー』の舞台となったいわゆる「聖地」です。
 地元の方々もこの状況を積極的に盛り上げていて、いろいろと面白い町になっています。
 自分が大洗に泊まりに来るのも三回目で、前二回は商店街がのあちこちの店が用意している「買い食いしやすい軽食」のおかげで宿の夕飯がキツイという目にあっておりました。
 しかし今回はダイレクトに宿に入ったので、胃袋のコンディションはバッチシです。
 やあおいしいあんこう鍋おいしいアンキモおいしい‥‥
 おかしいです、なぜ我々は満腹で身動きすら取れないのでしょう‥‥
 えー、あんこう鍋三人で食べるなら二人前で充分ってどういう事なんですか‥‥
 負けた。(何かに)

 16日、朝食は前日の鍋の残り汁をおじやにしてまた満腹状態になり、鈍い動きで宿を後に。
 空は超いい天気。
 この日はイベント開催期間中でしたがメンバーの都合で早めに帰る事になっていた為それには参加せず、商店街でちょいちょい買い食いをして昼過ぎには帰路へ。
 フレッシュひたちの真の力を見せてもらい、早々に地元に到着しました。
 帰ってきてみれば天気も良く雪も除けたり溶けたりで道路の脇に山となっているくらいで、昨日の朝の状況が嘘のようでした。
 結局、辛かったのはこの行きの自宅と駅の間のみで、それだけに出発早々に死亡した傘を延々持ち歩くのはちょっと虚しかったです。



 そんでもって夕方の四時頃に帰宅したので、ペン入れまで済ませてあった『サンサンガールズ』62話を仕上げ、七時頃にサイトを更新した後夕飯食べてすぐ寝ちゃったのでした。
 次回の更新予定日は3/16です。
posted by 金子 at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | サンサンガールズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする